人気おせち通販ランキング
*

お正月の主役おせち料理

重箱に詰めたお節料理は、雑煮と並ぶお正月料理の主役です。何を詰めるかは、地域や家によって少しづつ異なりますが、最初に食す一の重には、酒肴を詰めるのが本来。ニの重には魚介類、三の重には煮しめを詰める。これは、お節の起源である季節の変わり目の節句を祝う料理に、旬の走りの野菜を使われたことの名残だそうだ。
加えて、なかなか手に入りにくいもの、珍しいものを、遠方から集めていた。かって貴重品であった甘い食べ物もお節には必ず入っています。

標準的なお節には、一の重に、いわゆる祝い肴3種が欠かせません。数の子、叩き牛蒡、ごまめ。叩き牛蒡に変えて黒豆を入れてもよい。

重箱に並ぶ料理はそれぞれに縁起の良い謂れがあります。数の子は卵の数が多いので子孫繁栄。黒豆はまめに働き、まめに暮らす。ごまめには五万米の字をあてます。古事到来を願っての言葉遊びですが、これもまた、お節料理の大切な要素のひとつであり、いつまでも受け継がれてほしいです。

今は冬でも部屋が暖かいので。昔のようにお重詰を床の間に長く置くわけにはいきません。食事の度に、食べきれる分だけ重箱に詰めるのがいいでしょう。